虚構の女

生き辛さにもがいてる自分が愛おしい。慶應大学に通ってます。 

悔恨の舌打ち

朝8時代の山手線。

連日続いていた夏日から一転して今日は重い雨が降っていた。

 

車内もいつもより混み、人の重みと気候の重みに耐えていたが品川駅で更に多くの人が乗り込み苛立ちが沸点に達した。

 

次の駅で降りようとした。

 

が、なかなか降りれない。

私のカバンと修学旅行をしている男子中学生のリュックが引っかかっていたのだ。

ただでさえ天気が悪くてイライラしてるのに、、、私は咄嗟に舌打ちをしてしまった。

 

 

 

なんであんなことしてしまったのだろう。

大学に着いてからとんでもなく後悔の念が沸き起こってきた。

 

どこから来た中学生かわからないが、はるばる遠くから来てくれたのに。

修学旅行という前から楽しみにしていた一大イベント中に、今日のような重い雲を被せてしまったかもしれない。

そのまだ純朴そうな顔に向かって私は舌打ちをしてしまったのだ。

 

派手な髪色をしているわけでもなく、小綺麗な格好をしている一見優しそうな女の人が舌打ちをしてきた、東京怖い。

 

私が彼の東京に対するキラキラとしたイメージを悪くしてしまったかもしれない。

自身も地方出身で、高校時代誰よりも強く東京に憧れていたのに(前のブログで述べた)最悪だ。

 

もちろん今は東京の汚い部分、大人の醜い部分も知っている。

でも、地方に住んでる彼は未だそれは知らなくていいのだ。

自身も、高校時代スマホの待受を東京の夜景の画像にして、それは見て奮起させて受験勉強を頑張った。

 

キラキラした夜景は沢山のサラリーマンによる残業で形成される虚構であるし、東京にあるキラキラしたもの全てが虚構であるかもしれない。

 

 

でも、私は東京が好きだ。昔も今も。

東京でなければ知り合えなかった人とも沢山出会ったし、そこら中に自らに挑戦する場もある。

 

今日の中学生にどうしても伝えたい。

私も昔は舌打ちなどしたことなかったが、こっちへ来て欲に溺れ社会に疲れた今とても汚く醜くなってしまった。人間不信にもなった。

でも、こういう悪い人だけでなくそれ以上に良い人もいる。

だから東京に失望しないで欲しい、自分勝手ではあるけど。

その純朴な目の輝きを失ってしまうには未だ若すぎる。

 

ごめんなさい、ごめんなさい。

 

この思い、どうか彼に届きますように。